メガネの上手な選び方やお手入れ方法などについて

2つのスタイルのメガネ店があり

新しいメガネを店舗で買う場合、昔とは違って現在は大きく分けて2つの業態があります。1つ目は昔から存在する価格帯は高いもののメガネ選びの際にスタッフさんがついて選ぶのを手伝ってくれるタイプの、店舗内サービスの良い歴史と伝統のある業態です。2つ目は2000年代入って急速伸びてきた、主に若い世代をターゲットにした、眼鏡選びは基本的に自分で行うセルフスタイルの新興低価格チェーン店です。

メガネ選びはやはり在庫数の多さが大事

2つの業態のうち、どちらのスタイルの業態で買うか決まったら今度は店探しです。そして、自分の好みの形や色のメガネフレームというものはそう簡単には見つからないものですので、出来る限り大きくてたくさんのフレームを展示している店を選ばないと、せっかく行ったのに好みのフレームがなくて帰ってくる羽目になったり、また別の店に行くのも面倒だからと、妥協して100%気に入っているわけではないフレームのメガネを買うことになったりしてしまう場合があります。

メガネ手入れの注意点

メガネのレンズとは、実はだいぶデリケートなものです。なので、皮脂などでレンズ汚れてしまった場合でも、安易に近くのティッシュなどは利用せず、面倒でも付属の専用眼鏡拭きクロスを使う事が必要です。もしそれ以外を使った場合は、ずっと消えない傷がレンズに出来て、買い替えるまでずっと視界の邪魔になる場合がありす。

自分にメガネが合うのかは他人のほうがわかる

鏡で見る自分の姿とは左右逆なので本当に選んだメガネが自分に合うかはわからないものです。なのでメガネを買う場合はお友達や彼女など、お世辞を言ったり、値段高いものに関して、売るために「似合う」という嘘をつくかもしれない店員以外に評価してもらう形がおすすめです。

メガネの通販のメリットは、実店舗にはないフレームがたくさんあり、中には安くなっているものもあります。デメリットは、実際の商品の色味などが分かりづらい、フレーム調整をしてもらえない等が挙げられます。