機械式時計ビギナーに知って貰いたい!基本的な使い方と注意点!

機械式時計を大切に使うために気をつけたいポイント

機械式時計は、細かな部品を時計職人が手作業で組み立ててつくられる時計です。このため、使用や保管には気を配りたいポイントが幾つかあります。まず、機械式時計は磁気を発するものの近くで使用したり保管したりするのは避けましょう。小さな金属部品が磁気を帯びてしまうと精度を保てなくなります。スマートフォンやパソコンを使用する場合には手首から取り外す、うっかりオーディオの上に置いてしまうなどに注意してください。また、紫外線や湿度にも強くないので、高温多湿になる窓辺での保管は避けましょう。保管する向きに関してはさ程気にする必要はありませんが、リューズに起きるトラブルを回避するために、リューズが下向きになる横置きはしない方が無難です。一般的には文字盤が上を向いている状態が良いとされます。

ゼンマイの巻き上げ作業は一日に一回行いましょう

機械式時計はゼンマイの力で動くため、日に一度ゼンマイの巻き上げ作業をしましょう。毎日同じ時間帯に巻き上げると精度が保たれると言われています。自動巻き式の機械式時計の場合は、着用している間の振動でゼンマイは巻き上げられますが、一定期間使用しなければ動かなくなるので静止した時は手動でゼンマイを巻き上げてください。自動巻き式なら時計を振れば良いと思いがちですが、何かの理由で時計が静止している可能性もあるため、無理に振り回すような状態は避けた方が無難です。機械式時計は日々運針していると潤滑油が内部部品となじみ寿命が長くなります。大切にし過ぎてしまい込むよりも、ゼンマイを巻いて動かすようにしましょう。

グランドセイコーは、熟練の職人によるハンドメイドを多分に取り入れて製造されているフラッグシップモデルです。