一般的な金の査定方法の紹介

金の査定方法は、成分を確認することから始まります。外観は金でも実際は純金ならば高価なのですが不純物が含まれるような18金などでは価値が大きく下がります。とくに、知人からの貰い物やふと出てきたものは分かりにくいですよね。そういう場合でも機械が含有成分を正しく分析してくれますので、買取店舗に持参することで価値が明確になります。たとえ、金でなくても置物や食器といった商品そのものの価値としても査定してくれます。

金を売るときの注意点

金を少しでも高価に売却した場合は時価になりますので、重さ当たりの単価が高いときに売りのタイミングになります。経済の情勢や価格の変動をみながらタイミングをつかむことが重要です。次に正当な判断をしてくれるかどうかです。金は成分が重要な査定基準になり、機械で判断することが確実ですが、人間の感覚や経験で査定されることで実物との食い違いが生じます。万が一、金の含有量の査定に不信感を持った場合はセカンドオピニオンとしてほかの店舗に持ち込んで確認することが重要です。

高価買取のポイントについて

金は時価ではありますが店舗によっては高価買取をセールス文句として割増で高く買い取ってくれるケースがあります。また、形状や希少価値の高い商品もしっかりその価値を価格に反映させてくれますので買取価格アップが期待できます。ほかにも、買取強化月間や纏め売りなどキャンペーンを打ち出していますので、店舗のイベントを比較することが重要な要素になります。

金買取における現在のレートは年々増加傾向にあります。多少の上下はありますが、毎年その価格は増加しています。また、少量からでも高く値段が付くため、金を売ることはとても簡単です。