簡単に分量を量れるアイテム

料理をするとき、いろいろな材料を使います。この時に大事になるのがそれぞれの材料の分量です。特に調味料を間違えると味に大きな影響が出てきます。その他作りすぎたり足りなかったりしてしまうかもしれません。キッチン雑貨には、手軽に分量が量れるアイテムがあります。よく知られているのは計量スプーンです。小さじや大匙があり、すりきり一杯でそれぞれの分量を示します。目分量だとどうしても味にばらつきが出てしまいますが、きちんと量ればいつも同じ味にできます。パスタの量を量るためのアイテムもあります。何となくゆでると多すぎ、少なすぎがあるかもしれません。穴がいくつか開いていて、一人分や二人分などを簡単に量れるようになっています。

使うときよりも置くときを考えたアイテム

ご飯を茶碗に良そうときに必要になるのがしゃもじです。木製のものが知られていますが、最近はプラスチック製のものも多くあります。木製だとご飯がべったりついてしまいますが、プラスチック製のものの中にはご飯がつかなくなるよう工夫されたものもあります。ではよそった後のしゃもじはどうするかです。そのままご飯の中に突っ込んだままの人もいるでしょうし、皿などを用意してそちらに置いておく人もいます。皿を用意すればその皿を洗わなくてはいけないので手間が増えます。この時に便利なキッチン雑貨は、立てておけるしゃもじです。取っ手部分を下にすると足った状態でキープされます。このタイプなら別途皿などを用意する必要がなくなります。

フライパン、包丁、テーブルウェアなど、様々な店舗でキッチン雑貨が取り揃えられています。お部屋の雰囲気に合わせて選ぶと、キッチンもお洒落で華やかになることでしょう。