買った後で「失敗した」と思わないための犬の服の選び方

犬の服を買うときのサイズの測り方

犬の洋服を買うときにはまずサイズを確認しますよね。
正しいサイズの測り方、知っていますか?
基本的に「首回り」「胸囲」「着丈」です。
この中で「着丈」がどこからどこまでなのか悩んだことはないですか。
「着丈」とは首の付け根からしっぽの付け根までです。
胸からしっぽの付け根までと勘違いする方が多いので気を付けましょう。

ダックスフンドはご注意

ダックスフンドは他の犬種と違って、胴が長く足が短いのが特徴です。
普通の犬種と同じ服を買ってしまうと、お尻が丸見えでチンチクリンになってしまいます。
これだけならご愛敬ですが、足が問題です。
足が短いダックスフンドは袖がある服の場合、ちゃんと足が出ずに引っかかって転んでしまう恐れがあります。
これは、とても危険ですのでダックスフンドを飼っている方はダックス用の服を選ぶようにしましょう。
「DM」「DS」などサイズの前に「D」の文字がついているのでわかりやすいです。

犬にもある!?似合う、似合わない!

人間と同じように犬にも「似合う」「似合わない」があると思いませんか。
ぽっちゃりした犬にボーダーの服を着せたらよけいに太って見えるでしょうし、黒い犬に淡い色の服は浮いて見えるかもしれません。
それぞれのワンちゃんの体形や毛色を考えて服を選ぶようにすると、あなたの愛犬がもっとかわいくなりますね。

何のために犬に服を着せるのか

犬に服を着せる理由は人それぞれでしょう。
かわいいからファッションでという方もいれば汚れや虫から愛犬を守るため。
身体を冷やさないように防寒のためなど。
どちらにしても愛犬の体にきちんと合った服を選びたいものです。

犬の洋服とは、犬に着せる洋服のことです。最近では大きさやデザインも多岐に渡り、ペットショップなどでは沢山販売されています。